基本無料プレイの格闘スマホゲーム「鉄拳」レビュー

Pocket

管理人しじみ
男なら黙って拳で殴り合え!!熱いバトルと言えばこのゲームを語らない訳に行かない!!

スポンサーリンク

 基本無料プレイで遊べる、言わずと知れた格闘ゲーム「鉄拳」!!

今回ご紹介するスマホゲームは「鉄拳」です!

TEKKEN™

TEKKEN™
無料
posted with アプリーチ

冒頭からしじみのテンションがかなり高いのも無理はありません。

それぐらい熱い!!

もはやこのレビュー、「鉄拳」の事を話したいだけの記事になりそうなので落ち着いていきましょう(笑)

そもそも「鉄拳」を知らない人も多いはずなので、そういう事も説明しつつ、スマホゲーム「鉄拳」の魅力を伝えられればと思います!

男なら!!と語る熱い管理人しじみはどのキャラが好きなのでしょうか?

管理人しじみ
シャオユウまじかわいいぱねぇ

・・・おい(笑)※シャオユウは後述

そういうわけで実は個人的にも楽しみにしていた基本無料の熱い格闘スマホゲーム「鉄拳遊んでみましたよ!

そもそも「鉄拳」とは?

格闘ゲーム「鉄拳」は、初代PlayStationから続く3D格闘ゲームです。
今は「鉄拳7」ぐらいまで続いている人気シリーズ!(「ぐらい」とは最近のシリーズについていけていないからです笑)

当時から、家ではPSで友達と鉄拳、外ではゲームセンターで鉄拳、という人も多かったのではないでしょうか?それぐらいハマると熱くなる格闘ゲームです。

実はストーリーがしっかりしてて、操作性はもちろん、シリーズを増すごとに攻撃エフェクトなどの爽快感も良くなっていってる、もうね素晴らしい格闘ゲームなんですよ!(絶賛)

どれくらい素晴らしいか分かりやすく説明すると、
「ちょっと気の弱そうな少年が目の前で鉄拳をかっこよくプレイしてる姿を見ると、ちょっと見直す」ぐらいの感じです!(笑)

下のタイトル画面のスクリーンショット見てもらっても分かると思いますが、キャラクターには女性もいるし、パンダもいます。
あ、それ、トラじゃなくてトラの覆面したレスラーですね。

ただ、それらの人物(動物)、尋常じゃない破壊力を秘めてますので(笑)

鉄拳とはどういうものかだいたいお分かりいただけたでしょうか?←すごいしか言ってない。

それでは進めましょう!

管理人しじみ
シャオユウまじかわいいぱねぇ

タイトル画面と言うかロード画面

鉄拳-title-

お、鉄拳を代表するキャラクターがたくさん映っていますね~。

真ん中の筆先みたいな頭してるのは「三島一八」というキャラで、鉄拳シリーズの主人公的なキャラクターです。
その右側のお姉さんは「ニーナ・ウィリアムズ」。この人はスピンオフ作品か何かでゲーム化されてたと思います。
その後ろはタイ〇ーマスクではなく、「キング」です。まぁタイ〇ーマスクでいいです。
他にも沢山左側にいますが割愛します。終わらないので(笑)

あ!!

左下にいる黄色の服着たツインテール(?)の女の子が「凌 暁雨(リン・シャオユウ)」ですね。
確か鉄拳3ぐらいから出てるような記憶です。
日本語ぺらぺら。

ちなみにキャラクターの一人でもある後ろのパンダはシャオユウのペットです。
熊の本気のパンチやキック、なんなら噛みつきもします。

 

管理人しじみ
シャオユウまじかわいいぱねぇ

チュートリアルからなので始めやすい

鉄拳-チュートリアル-鉄拳-KOかっこいい-鉄拳-キャラゲット-

最近のゲームにはよくあるチュートリアルもしっかり実装しています。


「どうやって鉄拳の操作性を表現しているのか?」と疑問に感じていましたが、プレイしてみて納得。

これは思っていたよりも鉄拳だ!
K.O.のこのエフェクトも気持ち良い!!

肝心の動作は?というと、スマホの性能にも左右されると思いますが、非常に滑らかです。

ただ操作性は、今までプレイしていた人からしたらちょっとやりにくいかもしれません。
例えば、PSやゲームセンターだと「→→」と入力していた前移動も、スマホ版鉄拳だと「右スワイプ」になっています。ふとした時に癖で「→→」ってタップしちゃうんですよね。

癖って怖い。

て言うか、「技」ってどうするの?と思うでしょ?これが上手く出来ているんです(笑)
それはまた後述しますね。

 

チュートリアルも終わり、新しくキャラクター「ニーナ」をゲットしました。続けていきましょう。

実は奥深いのでは!?

鉄拳-技セット- 鉄拳-キャラ育成-鉄拳-バトル開始前-

何故かと言うと、色々細かい数字や設定が出来るからです!!

・・・いやいや、とっつき難くなる!(笑)

そういう難しい感じではなくですね、まず上の3枚の画像の1枚目、9つに並んだカードみたいな画面、これが「技」なんです。

PSやゲームセンター版の鉄拳と違い、スマホではとてもじゃないけどコマンド入力で技出せないです。

そんな事したらスマホの画面割れますよ、きっと。

では、どうやって技を出すかというと、このカードを上手くつかうんですね。
バトル画面の右下にカードが表示され、バトル中にそれをタップするとタップされたカードの「技」が発動する仕組みです。

発動って言っても、モーションなんかは普通の攻撃をした時のように違和感なく発動します。その技をバトル前にセットするのが上の1枚目の画面です。

よく見ると4色ありますね。この色で技の種類が分かれます
ガードブレイクや浮かせ技など種類があり、使いどころを見計らって発動するといったところの駆け引きが試されるわけですね~。

2枚目の画面は「キャラ育成」です。
基本的にキャラクターは「欠片」を集めると手に入れる事が出来るようで、手に入れたキャラはレベルを上げたりスキルスロット(そのキャラを強化する為の枠みたいなもの)にスキルをセットしたり。
これにより、同じキャラクターでも自分なりにカスタマイズが出来るというわけです。

3枚目の画面は「バトル開始直前」の情報画面。
真ん中に葉っぱみたいなマークと炎みたいなマークがあります。各キャラクターには「属性」があり、相性によって有利に戦う事が出来ます

まぁポケモンですね(笑)。

上の写真だと、右のキャラクター「ポール」が炎で左のキャラクター「シャオユウ」が葉っぱ、つまりこの場合、右側の「ポール」の方が相性的に有利で、属性ボーナス「ダメージ+15%」がつくわけです。

これらの設定によって単なる「拳の殴り合い」だけでなく、戦略的な要素まで加わって、さらに奥深いバトルが楽しめるという事ですね。

冒頭の細かい数字っていうのは、「技」の攻撃力やクールタイム(たぶん技が出せるまでの時間かな?)などの事で、まぁ遊ぶ上ではそこまで気にしなくても遊べるので慣れてきたらこの辺も考えていく事で、より鉄拳を楽しめるんでしょう!

管理人しじみ
シャオユウまじかわいいぱねぇ

↑もう病気ですね。

 

爽快なエフェクトなど、バトル中が熱い!

鉄拳-モードセレクト-鉄拳-技発動-鉄拳-浮かせ技-

1枚目はゲームモード。
最初はストーリーだけですが、プレーヤーレベル(キャラクターのレベルではなく、プレイヤーのレベル)をあげたり、ゲームを進めていくと開放される「道場モード」や「イベントモード」などもあります。

2枚目の写真は技がヒットした時です。鉄拳をプレイしたことがある人にしか伝わりませんが、そのイメージ通りで間違いありません(笑)

爽快!!

3枚目は浮かせ技がヒットした時です。この画面の右下に、先述した「技カード」が表示されています。この浮いている時に繋げて他の技を発動すると、もちろんヒットします!ダメージも大きくなり、

爽快!!!

 

もう少しだけプレイ

一通り遊んでみて思ったことは「やっぱり鉄拳だった」という事です!

正直、プレイする前は「なんだかんだでグラフィックだけが鉄拳で、実際は全然ちがうんだろうなぁ・・・」と思ってました(笑)

これはたぶん、個人的に続けてプレイする可能性かなり高いですね。
なんせ鉄拳がいつでもスマホで遊べるとなるともうね。これは歴代鉄拳の楽しさを知っている人ならではの感覚なのかも知れませんが、それほどハマると遊びたくなるいいゲームなんですよ、ほんと(笑)

今回、だいぶ偏ったレビューになっちゃいましたが、いかがでしたか?

鉄拳プレイ済みの人で面白いと思ってる人なら、きっとこのレビューを見て

「わかるぅ~~~~」

ってなってる・・・はず!?

管理人しじみ
シャオユウまz(ry

鉄拳-シャオユウ-

はい、シャオユウ!

今回のまとめ!

残念ポイント

  • 今までの鉄拳の操作に慣れてる人程、操作が難しい
  • 若干動作がもっさりしているかな?機種にもよるかも
  • 好きなキャラクターを手に入れるまで使えない
  • バトルの初手のバリエーションが少なくて困る
  • 鉄拳のシビアな部分(カウンターなど)も再現されてる分、初心者には難しい

おすすめポイント

  • 手軽に鉄拳を楽しめる
  • 簡単操作で楽しめる
  • 技の組み合わせや属性など、戦略的要素もあり
  • 新キャラも出てる
  • キャラの成長により、自分なりのキャラクターに育てられる
  • 結局熱い!!

しじみから一言

管理人しじみ
個人的には昔のキャラも参戦してほしいなぁ。アレックスとかボスコノビッチとか・・・知らない人ごめんね

気になった方は是非遊んでみてね!

TEKKEN™

TEKKEN™
無料
posted with アプリーチ
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする