面白そうなゲームと思ったら友達にもシェアして広めよう!

美しいグラフィックの謎解きADV「マジョのシマ」レビュー

面白そうなゲームと思ったら友達にもシェアして広めよう!

管理人しじみ
魔女が題材の謎解きアドベンチャー!ゲーム画面見ても繊細なドット絵が魅力的だなぁ。難しそうだけど難しいのかな?

そういえば、アドベンチャーゲームもスマホゲームに向いてますよね

いつでも出来るし、じっくり遊ぶうえで持ち運びが出来るのはかなりメリットですからね

この「マジョのシマ」もじっくり謎解きをするのに適したゲームですよ!

私としてはオープニングタイトルの後、主人公にズームインしていくシーンが驚きました!めちゃめちゃグラフィックがキレイ!

これから遊ぶ方はそのあたりも是非注目してください

他にも魅力があるので紹介しますよ、謎解きアドベンチャー「マジョのシマ」どうぞ

スポンサーリンク

マジョのシマ とは?

android/iPhone用のスマホゲーム、魔女が題材の謎解きアドベンチャー「マジョのシマ」です。

「大陸から少し離れたところにある孤島。
そこには小さな町がある。
― それは魔女に支配された町。」

マジョのシマ

マジョのシマ

COCOSOLA Inc.posted withアプリーチ

おおまかなゲーム説明

マジョのシマ タイトル画面

この全体の雰囲気といい、題材といい、これで謎解きアドベンチャーと聞けばワクワクせざるを得ないですね!

マジョのシマ オープニング

物語は主人公が呪いをかけられるところから始まります

明朝までに盗賊に盗まれた壺を探し出し、持って行かなければ命を落とす呪いだと言われます

なぜこんな目にあうのか・・・なぜ自分なのか・・・

何も分からないまま、とにかく壺を探すことにします

マジョのシマ オープニング2

唐突なオープニングですが、このあたりはゲームを進めていくことで色々と分かってくる部分があります

さて、まずはゲームスタートです

マジョのシマ ゲーム開始

見てください、この幻想的なドット絵!さらに言うと、私のオススメポイントとして「奥行き」移動の表現が素晴らしい点です

通常、奥のエリアへ移動となると、画面が一度暗転して切り変わってから奥のエリアが表示される事が多いですが

この「マジョのシマ」はシームレスにズームインアウトでエリアが切り替わります!

あまり伝わらないかも知れませんね(笑)←演出がなんか滑らかでなんかよくわかんないけどスゴイ!ということです(笑)

マジョのシマ 街の中を移動

マジョのシマ 奥行きズーム

ゲームの目的は「壺」を探す事です

限られた時間の中で、まずは街を歩き回りましょう

街のどこになにがあるのか分からないままだと、どうしようもないですからね

シマの住人がたくさんいるので、話しかけていきましょう

マジョのシマ 街に住んでる住人達

住人達にはそれぞれの生活があり、家で寝ている人物もいれば、街の中を歩き回っている人物もいます

一度話しかけることでそのキャラクターを登録することができます

マジョのシマ キャラクター登録

このようにメニュー画面から登録キャラクターの一覧が確認できます

暗くなってるキャラはまだ未登録のキャラクターです、たくさんいますね!

さて、目的は壺を見つけて呪いをかけた人物の元へ持っていく事ですが、街を歩き回って探して見つけて持っていくだけと言ってしまえばそれだけのゲームです

ただ、私はこのゲーム2週クリアしています!えっとね、2週しちゃうぐらいの魅力と真実への惹き付けがあるわけですね~

目的の裏にある真実を探りあてる事が重要

なんかそれっぽい見出しを書いてますが(笑)

壺を見つけることも重要ですが、ゲームを進めていくと色々と噂話や過去の話を聞くことが増えてきます

マジョのシマ 何かが引っかかる

このように、主人公が「ん?」と思う内容の話を住人がした場合、気になる部分がピックアップされます

そして、バラバラに散らばった「点」が集まることで一つの「真実」が見つかります

コナン風に言うと「バラバラだったパズルのピースが・・・うんぬん」ってアレですね(笑)

マジョのシマ キー画面

このマジョのシマでは、このような真実を「キー」としてメニュー画面で確認が出来ます

画面左側にあるのがキーで、これを紐解く為の行動が右側のヒントとある項目に並びます

もちろん、行動は自ら発見するまではロックがかかっているので探す必要があります(※どうしても分からない場合は広告を見る事でロックを外せます)

この「キー」を壺探しとは別で調べていくのがこのゲームの楽しいところ!

とは言っても、命を落とす呪いの制限は明朝です

キーの謎を解いたところで、壺を見つけられなければ本末転倒です

マジョのシマ キーが更新されました

死の呪いをかけられたあなたは、この幻想的な世界で起こっている出来事の真実を知ることはできますか?

ターゲット機能を上手くつかおう

さて、限られた制限時間の中で、これだけたくさんの住人達をすべて目で追うのはとても難しいと思います

それにイベントが経過しないと家から出てこない住人もいます

みんな動かないならいいんですが、あっちこっち動くんですよ(笑)

みんなどこに行ってるんだろう?どこを周って帰ってきてるんだろう?

それを解消してくれる機能が実装されていますよっと

マジョのシマ ターゲット選択画面

先ほどのキャラクター一覧画面で設定できる「ターゲット指定」という機能

この機能を使って「ターゲット」に設定すると、そのキャラクターの行動を監視できるというシステム

メニューを閉じると画面にはターゲットにしたキャラクターが映ります

そのキャラクターがどこに行き何をしているのか?どのルートで歩いてくるのか?そういったのを調べる事が出来るんですね

他にも、今現在どこにいるのか?を調べることにも使えます

マジョのシマ 例えばネズミをターゲットにしてみた場合

例えば、ネズミをターゲットにした場合、このようにネズミが通る道を見る事が出来ます

主人公だけでは知ることが出来ないことをこのターゲット機能を使うことで知れれば、新しい道が開かれるかも知れませんね

キーを調べていくことで明かされるマジョ伝説

伝説かどうかは知りませんが・・・(笑)

とにかく、キーを調べることでこのゲームの物語や背景も徐々に明かされていきます

オープニングで唐突に呪いをかけられるのも、この辺が分かると見えてくるものも違ってきます

マジョのシマ 鐘のある塔

キーを集めていく上で色々手に入れることがある「アイテム」も重要な要素ですね

マジョのシマ アイテム一覧

アイテムも、あるイベントを通過しないと手に入れることが出来ないものもあるので、くまなく探し回りましょう!

「あるアイテムを持っていないとある場所に行けない」と言う場合もあるので注意しましょう

マジョのシマ アイテム入手

このアイテムのように「使う」という選択をして初めて効果が現れるアイテムもあります

アイテムを使うのは先ほどのアイテム一覧画面から行えます

そのアイテムを使いそうな場面や、必要とする人物を考えながらゲームを進めるのも、このゲームの楽しい魅力の1つ

もう少しだけプレイ

ところで、私は先ほど「このゲームを2週しました」と言いました

1週目は「SAD END」、2週目は「NORMAL END」でした(笑)

ほんとはもう1週したかったのですが他のゲームもあるし断念しました・・・くやしい!※個人的にやります(笑)

でも、2週しただけでも楽しめましたし、あと1週したいと思えるぐらいの面白さを秘めてますよ、このゲーム!

サウンドも幻想的な世界とマッチしていて、ひとつの世界観を作り上げています

マジョのシマ 対峙

アドベンチャー好き、謎解き好き、こういう独特な世界観が好きっていう方々には是非遊んでもらいたいゲームです!

あなたは呪いに打ち勝つ事ができるでしょうか?←言いたくなるんですよね、こういうゲーム紹介してると(笑)

管理人しじみ
いやぁハマったハマったw夜寝る前にプレイして気付いたら夜中3時頃だったのには、☆5個評価につけてやろうかと思ったねw

今回のまとめ!

残念ポイント

  • 広告がちょっと多く感じるかな(課金でOFFにも出来ます)
  • タップの位置によってスムーズな動きをしてくれないときがある
  • 建物の裏側など、手前にあるグラフィックのおかげで道が分からない箇所がある

おすすめポイント

  • グラフィック綺麗、サウンドも良い、演出も良い
  • 与えられた目的から外れた部分を知ることで、本筋が見えてくる楽しさ
  • 謎解きとしても本格的
  • キャラクターの言動、アイテムの使い道なども重要
  • 1週だけじゃ終われない面白さ

しじみから一言

管理人しじみ
こういう謎解きゲームなら、電車に乗ってる時やちょっとカフェに入った時なんかでも続きやってみたくなるよね~

今回レビューしたのはandroid/iPhone用スマホゲーム、魔女が題材の謎解きアドベンチャー「マジョのシマ」でした!面白そうだなと思った方は是非遊んでみてね!

マジョのシマ

マジョのシマ

COCOSOLA Inc.posted withアプリーチ

スポンサーリンク
面白そうなゲームだと思ったら「いいね」して友達に広めよう!
この記事をお届けした
ゲーム紹介情報ブログ|げむデパの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

面白そうなゲームと思ったら友達にもシェアして広めよう!

記事の更新を見逃さない為にフォローをオススメします!